2014年10月アーカイブ

ホームページはリニューアルされました ホームへ

カッコ良く行こー!

今日の日記は反対意見も有るかもしれませんが、
チョット変わったバーテンダーの独り言だと思って読んで下さいね♪

先日の日曜日のお昼時、近所のファミレスに家族で行きました。
普段、日曜のお昼に外食をする事が無いので油断していたのですが
お昼をちょっと過ぎただけで30分待ちの行列が付いていました。

行列の皆さんも慣れている様でちゃんと名前を書いて列に並んでいます。
僕も並んで店の中を見ていると、ほんの少しですが食事もお茶も終わってずーっと喋ってる人っているんですね。

まあ皆さん美味しい食事の後にゆっくりお友達と喋りたいって気持ちは
よく分かります。

が、店の前には並んでる人達もいる訳で、
「何で食事が終わったんならさっさと帰らないんだろう」
と正直思ってしまいました。

お店の方だって忙しいのはお昼の1・2時間だけなんです。
ここが一番の稼ぎ所!

喋りたかったら喫茶店に行くとか公園に行くとか(笑)色々有るはずなのに(まあお金は余計に掛かりますが(*_*))。
座ってしまえばいつまで居てもイイって訳じゃ無いと思うけどな〜。

これは僕が飲食業だから余計に思うのかもしれませんね。

僕は常々
「僕はサービスのプロだけど、お客としてもプロで有りたい!」
そう思ってます。

中々難しいけど、カッコ良く行きたいものですね。

チョット変わったバーテンダーの独り言でした*\(^o^)/*


料理系の月刊誌「ダンチュウ」の一番最後のページに毎号
「バーテンダーは謳う」って連載が有ります。
毎号全国の色々なバーのバーテンダーが紹介されています。

僕は毎号このコーナーが好きで1991年の創刊号から
暫くは(5年位かな〜)切り取ってスクラップにして
楽しみにしていました。(当時は「男のとまり木」と言うコーナーでした)
それを見ながら東京や関西のバーをワクワクドキドキしながら
飲みに行くのがとても楽しみでした。

その「バーテンダーは謳う」のコーナーが今月号で終了するらしいです。
文章を書かれていた枝川公一さんがお亡くなりになった為です。

バーテンダーに暖かい視線で語りかける文章を毎号楽しみにしてたのに!

思えばダンチュウが創刊された1991年頃は食やお酒やバーをテーマにした
マニアックな雑誌が結構有りました。
「バッカス」とか「オードヴィー」とかあったよな〜(。-_-。)

その中でずーっと続いているダンチュウは凄いですね。
これからも楽しみです。

そして、枝川さんご苦労様でした。
ご冥福をお祈りいたします。


今年も10月4・5日に開催されたクラフトビア金沢、無事終了しました!

初日は良い天気でまさにビール日和で凄い人出。
二日目は小雨がパラパラとチョット寒かったですが、
じっくりと過ごす事が出来ました*\(^o^)/*

沢山のお客様にお越しいただいて本当に嬉しかったです!

クラフトビール好きな方っていっぱいいらっしゃるんですね。
益々将来が楽しみな金沢ですね〜〜♪

ウェブページ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12