ホームページはリニューアルされました ホームへ

東京一杯♪ その3

3月4日

金沢に帰る前に虎ノ門砂場でお昼。
金沢の藤井の蕎麦屋さんに教えてもらったお店。
12時頃、一階はほぼ満席だが一人なので小さいテーブルに通される。
焼鳥と蕎麦味噌と岩のり蕎麦、そしてビール。
「お蕎麦は後でお持ちしますね。」
ありがたい。

入り口近くは年配の男性(ご主人?)がいいテンポで
お客さんを仕切っている。
レジには年配の女性。あと接客は3人の女性。
皆、いい感じで動きや会話そして笑顔に無駄がない。
(満面の笑みではないが、なんだかほっとする。)
そして少ししか見えない厨房には男性陣が4・5人?。
この店、ズーッと
「いらっしゃいませ。」
「ありがとうございます。」
が、絶えない。
それも接客してる方だけではなく、見えない厨房からの
声が聞こえる。
うるさい訳でもなく、押し付けがましい訳でもない。
満席の中も、ただ当たり前に優しい空気が流れている。

いい気分になってお昼からお酒を一本。

お隣に座った年配のご夫婦が
「れんげもらおうか?」
「忙しそうだからいいよ。」
って会話が聞こえてきた。
その10秒後
「食べづらかったら、使って下さいね。」
ってお店の方がれんげと取り皿を持って来た。
ご夫婦は何も言わないが、こんな事がこの店では
当たり前なんだろう。

ただお昼そば屋で蕎麦を食べていただけど、
感動しました。

少しでもここに近づきたい。
そう思いました。

教えてくれた更級藤井さんとH野夫婦に感謝!

ウェブページ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12